脂質異常症

脂質異常症とは、血液中の脂質であるコレステロールや、中性脂肪などが通常より多い状態を言い、高コレステロール血症と、高中性脂肪血症に分けられます。

健康な方の血管は、弾力性があり、血液はサラサラと流れます。しかし、脂質異常症になると、血液中の脂質が多くなりドロドロと流れが悪くなってしまい、血管の病変をもたらします。

高コレステロール血症は、血管の動脈硬化を悪化させ、血管を細くし、血液の流れを悪くします。

高中性脂肪血症は、血管のなかで血液のかたまりをつくり、血管を詰まらせてしまいます。

そうして血液の流れが妨げられ、心臓の血管が詰まると心筋梗塞、脳の血管が詰まると脳梗塞、脚への血管が詰まると閉塞性動脈硬化症などさまざまな病気の原因になります。

こうした血管の病変の怖さは、気づくことなく進行してしていくところにあります。

定期的に検査を受け、自分の血液の状態を把握しておきましょう。

  • 当院の理念をはじめ院長からのご挨拶や特徴などをご紹介しております 病院紹介
  • 診療時間・休診日の他担当意表や詳しい診療内容をご覧頂けます 外来案内
  • 当院の理念をはじめ院長からのご挨拶や特徴などをご紹介しております 入院案内
  • 介護サービスをご希望の方へ